稽古場日誌 9/30 BY まい

2006.09.30 Sat

今日は就職説明会のため、3年生はちょこちょこ参加という形だった。
後半は4人という超少人数で練習をした。

11:30〜12:30にはMoEさんに来ていただいた。
筋トレの後のダンス練習では新しい試みをする。
その名もイメージトレーニング
音楽をかけ目を瞑り、
最高にかっこよく踊っている自分を想像。
その後もう1回踊ってみると…
お!ちょっと良くなっている!?
これは効果がありそう。

その後もひたすらダンス練。
よって筋肉の痛みを訴える人多数!
確かに「狂ったように」しようと直された踊りは
ハードな動きが多い。
マジシャンはひざを打ってあざが出来ていた。

怪我といえば
ケイが腕を捻挫。
どういうわけか、いとしんが側転をした。
そしたら、こゆり、ケイと続いて側転。
そして事故は起こってしまったのだった。

「大丈夫」と健気に振舞うケイを頼もしく思いながら、
そのままお昼に向かった。と、急にいとしんがいなくなる。
「?」と思っていると、なんと。。。
ケイのために氷を持ってきてくれたのだった!
当たり前のように氷を渡し立ち去るいとしん…
「やばい惚れそうになった」
女3人衆は深く同意。
彼はいい旦那さんになるね。

今日は夏休み最後の練習だったが、それにふさわしく激しかった。
みんな怪我しても元気そうに練習を続けているが、実際きついと思う。
無理はしないで!
  1. 2006/09/30(土) 23:00:26|
  2. 稽古場日誌(2006秋)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

稽古場日誌 9/26 BY まり

2006.09.27 Wed

 練習の昼休みでーす。コレ、本公演初めての稽古場日誌。
なぜかって?いやー家のPCでこのブログ見れないんですよ。ウイルスバスターちゃんが見事にブロックしてしまうので、アタックしても破れず。。。そんなキケンな事は書いてないのに、どうして?!

て、前置きはよくって。

9/26は午後から練習だった。雨で湿り気を帯びた教室で、コツコツと劇の練習に励むドラセク員。
 いとしん、さみーは絡みがナチュラルになってきた。セリフ回しに慣れてきたら、心情に合った動きを意識して付けてみよう。マイは小リスのような雰囲気を醸し出している。是非、あの目ヂカラを100%まで出し切って欲しい。
 かめちゃんが指摘される度に上達していくのを見て、こゆりが「かめちゃん日記」をつけたいと発言。あだ名があだ名だけに、まんざらでもない(前々回公演の流行語の一つ)。
 トランクと共に移動して、文武両道に励むマジシャン。いちヒッピーとして、彼女のトランス状態を目指したい。
 はやとぅは、袋いっぱいのチラシの織り込みに。観察していると、時おり小動物的な動きのダンスを見ることができる。
 シーン練習をする傍らで、残りのメンバーはダンス練習。滝沢氏が後ろ足をあまりに強く踏み込む為、「それじゃ馬だよ」と私がロデオの真似をしたところ、こゆりに「ウマ子さん」と名付けられました。
 ディレクの圭は、スクリプト改訂で忙しいながらも、さすがの演技指導。他の子が指導を受けている時、私も学んでいる。圭はディズニーのキャラクター並みのハッキリとした表情や動きをするので、すごい存在感。

積極的に周りを見て、常に学ぶ態勢でいきまっしょい。
もっともっと、「こうしたらいいんじゃない?」って意見が飛び交っていいと思う。全員が作る劇だから。

さー午後練習もガンバろー

 
  1. 2006/09/27(水) 12:56:24|
  2. 稽古場日誌(2006秋)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

稽古場日誌 9/25 byいとしん

2006.09.25 Mon

すっかり涼しくなりましたね♪
いとしんだよ☆

・・・あ、なんかキャラが違う


今日は少し長めの練習でした。

午前はダンス練。
動作を確実に身につけると同時に、表情も大事にしよう、
という方針が再確認された感じがしました。
ダンス中は、キリっとした顔や笑顔を絶やさないよう・・・

キーワードは「目力(めぢから)」です。


お昼休みを挟んではシーン練。

練習中、スピの健一郎が部屋を訪ねてきてくれました。
Tっきーさんと楽しそうに遊んでいたのが印象的でしたw

で、やはり問題なのはClaudeとSheilaのシーン。
特にClaudeは、表情に乏しいとのこと。
ダンスと同じく、「目力(めぢから)」
が必要だと改めて痛感いたしました orz

ちなみに練習中、ちょっとしたトラブルがいくつか発生しました。

まずは Ain't〜 のシーンで。

「♪Ain't got no home SO!
  Ain't got no shoes POOR!
  Ain't got no mon... 」



ばたーん



え!?なにが起こったの!?


・・・ふと見ると、そこには腰を押さえながら苦悶の表情を浮かべるマジシャンが。
聞けば、椅子(本番で使うベッドの代用品)に飛び乗ろうとしたところ、
誤って足を滑らせ、背中を床に思い切り強打した模様。

本人は大丈夫だと言っていましたがどうみても痛そうです。本当に(略
家でちゃんと手当てしたかしら?


そして休憩の合間にも。
プロップの一つであるダンボール箱の中に、
いとしん(筆者)がうずくまって殴る蹴るの暴行を受ける真似をしていたところ、
ダンボール箱が倒され、その拍子に箱の側面がベリベリっと・・・

あわてて部室までガムテープを取りに行き、なんとか貼り付けました。
小道具担当の方にはご迷惑をおかけしました m(_ _)m


小さなミスは防ぎましょう!
(・・・といっても、おそらく大半は自分ですが)

  1. 2006/09/25(月) 23:38:41|
  2. 稽古場日誌(2006秋)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

稽古場日誌 9/21 by 魔術師

2006.09.22 Fri

ランス翌日の今日この日。

細かい演技が穴だらけということで、メインキャスト中心にディレク圭がびっちりついて徹底的に演技強化へ。
その間他のキャストはダンス練習&台詞練習。特に冒頭ソロダンスの3人はきっちり合わせないと非常に格好悪いので、最初はカウント、慣れてきたらCDに合わせひたすら心を1つに・・普段使っていない筋肉を使うので背中が筋肉痛になる予感を抱えながら踊る。脱、それぞれの癖!

一年生 サミ&いとしんは台詞の意味や感情をかみしめながら演技練習。でもだんだん演技に説得力が出てきました。

やはり台詞の意味、そしてキャラクターの心情をきちんと自分なりに理解・分析できていないと、「迷い」が見えるしオーディエンスにもそのキャスト自身の抱える「あやふやさ・不安」はバレバレになってしまうので、演技練習以外のところでスクリプトを読んで考えるのは結構大切ですね。

亀ちゃんはひたすらクール&ハンサム&セクシー青年への道を突っ走ります。だんだんニヒルな雰囲気がかもし出されてきました・・・
あのおびえた小鹿のようなウルウルお目目の亀ちゃんはもはや消え去り、(たまーーーーに、ぽこっ と出てくるけど)ここにいるのはGEORGE BERGER、色男です。皆さんご期待あれ♪

演技練習の後は歌練習&ダンス練習(全体)
歌もなんとなーーく「無難にこなしてる」感が出ていて、それがたるさに拍車をかけていた昨日のランス。でもこのThe Age of Aquariusという曲は無難にきれいに歌うのではなく、「ソウル」を感じさせる歌いっぷりが求められるのです!1人1人の歌声がそれぞれ個性をだしてくれないと、中学校の合唱のようになってしまいます。

というわけで、キレイなコーラス声ではなく、1人1人の個性が出る地声で思いっきり歌い踊ることに。
最終的になかなかいい感じに(課題はあるけれど)なってきたと思います。

中途半端で無難に終わるくらいなら、思いっきりやって散れ!

  1. 2006/09/22(金) 00:31:55|
  2. 稽古場日誌(2006秋)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ランス by 魔術師

2006.09.20 Wed

本日は第二回ランスでした。
○来てくださった先輩○
ゆりえさん
姐さん
ともさん(2度目)


前回の指摘「短すぎ」「キャラ同士の人間関係が見えてこない」「ヒッピーである意味は何?」「全体に乗り切れてない」などを受け、シーンを1つ付け加えてのランス。

今回は初めて衣裳(暫定)を身につけてのランスでしたが、同じ衣裳でもはだけるかキチンと着るか、アクセをどうつけるかなどでゼンゼン雰囲気が違くなるため、衣裳メイクの麻由美と相談しながら、普段のドラセクのメンバーがだんだん-HAIR-のキャストになっていきます。


はじめて衣裳を着けて演じると、予想外のトラブルも起きるものですが、なんと・・なんと!3年生、一番ベテランのはずのあの方Tっきーがやらかしてくれました。
衣裳のビーズネックレスをいじくりまわすうちに、ぶちっと糸を引きちぎってしまい、そこらじゅうに大小数十個のビーズが散らばって救いようの無い事態に・・・衣裳破損&通し稽古開始前5分のビーズ回収タイムロス。そしてそのネックレスは使用不可にw皆さん、衣裳・備品は大切に扱いましょうw

一年生はだんだん先輩がずらっと前に並んで見ているあの雰囲気には慣れてくるころでしょうか。何気に先輩方無表情で見守るのでうっかり目を見ると怖いものがあります。

演技自体は前より質は上がったようです。しかし、先輩たちからは「無難に台詞をこなしているようにみえた」「単調」「もっとやれるはず」という厳しい指摘。おそらく上手くいけば非常に面白い舞台、しかし細かいところまでまだ詰められていない、それが積み重なってどうしようもないだるさを生み出しているようでした。これからのスクリプト変更・キャスト自身の演技向上にかかってくるので、全員がんばりましょう。

シリアス&ナンセンスのメリハリを大事に、そして台詞を大切に。



  1. 2006/09/20(水) 00:15:06|
  2. 稽古場日誌(2006秋)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ

プロフィール

Sophia Univ. E.S.S. - Drama

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約