ドラ慰安〜HIROKAWA2006〜 by chief

2006.12.03 Sun

2006年ドラ慰安@熱海

とぅさんとけいちゃんと遅れて11時にホテルに到着

以下より写真を交えてドラ慰安の報告


ぼえ〜

仙人がいる


手が見えない

この娘大丈夫かしら


ヒント:@女風呂

仁王立ちネタで大盛り上がり
風呂場で仁王立ちして腹筋を自慢していたのは誰だ


その異常なまでの意気込みは何だ

「明日何作る?」
料理本を持参した亀尾氏


密室で2人きり

今回で一番ラブラブなカップル


後ろに隠れてるのはまゆみ

注)誰もアルコールは飲んでません


宿泊部屋は10階

AM7:00 一同が寝静まっているうちに1人海へ


犬の散歩が多い

朝日が水平線から〜


熱海に来た人はみんな知ってるんじゃない?

熱海の海の向こうにはニューヨークがあるらしいよ


大西洋の位置を日本海だと思ってたらしい

まりさんと合流して海で朝マック
この時点でAM8:00


よくある話ね

ソーセージエッグマフィン
この後まりさんはソーセージが歯にはさまって
舌とソーセージの死闘を繰り広げる


いざ進めやキッチ〜ン♪

注)誰もアルコールは飲んでいません
海に向かってキテレツ大百科の「お料理行進曲」を熱唱


みかんの為に腹を空かす

みかんみかんみかんみかんみかん


12個食べました

みかん狩り
300円で食べ放題


みかんの皮投げスタート

三個で飽きるけいちゃん


仏文がいいらしい

電車の中でお見合いごっこ


外カリ中フワ

じゃがバタ天260円
魚のすり身の中にサイコロ状のホクホクじゃがが


ヤバイうまいよ

「うめ〜」


東京支店は無いらしいorz

帰りに電車の中でまた食べました


仕事をしないヤツは飯抜き

みんなで夕食作り
手すきの方いらっしゃいませんか


味を染みさせるのがどれだけ大変か…

味付けだけして大根を放棄した亀尾氏


担当者:小、まゆみ、いとしん

クリームシチュー
チーフのわがまま故
キノコ入りとキノコ無しの二種類


担当者:亀、サポート:愛

手羽大根
ちゃんと1人一本ずつ肉がある


まるでシンデレラ

洗物を黙々とこなす舞


米!米!

ご飯粒に群がる欠食児童




ちょっと休憩


11人分は入りきらない

並べて並べて


大根おろしは手羽の余ったやつ

<本日のメニュー>
・コールスローサラダ
・手羽大根
・豚キムチ炒め
・クリームシチュー
・大根おろし
・白米


さあ食え!

完成!わ〜い


来年は中華らしい

「ぺロリ」
食べるのは早い


こっそりと

巻いて巻いて!


おなかいっぱいね

夕食一時間後にはもう飲み会


みりんを飲みなされ

「酒たりねーよ」


意味はあったのか?

飲むヨーグルトで胃にまくはり




だ〜


一同聞き入る

according to Hirokawa 2006
「out of なんちゃら」の始まり


ドラのある部分のレベルがUP

神降臨に一同唖然


やめて〜

30分前にメーリスをまわしま〜す


メッセージ&写真ノート

秋公演ディレクお疲れ様でした!


この後から朝までの過程は割愛させて頂きます


おかずは何も無い

朝ごはんは昨日の夕食で残った白米
さあどうやって食べる?


バターが熱々ご飯にとろける

A、シチューで残ったバターと煮物で残った醤油で
バター醤油ご飯
海苔で巻いて食べると美味し


昨晩はお疲れ様でした

バター醤油をお召しになる神


慈しむように食べてる姿

バター醤油をいとおしげに食べる小


以上ドラ慰安でした

幹事のいとしんお疲れ様&ありがとぅー
  1. 2006/12/03(日) 17:43:17|
  2. drama activity|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:86

あっという間に本番前日!byとぅ

2006.11.03 Fri

ブログ放置しすぎですね、すいません><
放置している間にいつの間にか明日から本番!!!

劇場では通常は2週間作業できるのですが、
今回は1週間で舞台を作って、リハーサルをして、公演という怒涛のスケジュールなので、
ブログまで手が回っていないみたいです・・・

今日はゲネプロ(最終リハ)でした!
ついこの間、劇場に入ったばかりなのに公演まであと1日というのが、
なにやら信じられません。

1年生にとっては初舞台、3年生はこれで引退、
秋公演は節目の公演です。
ドラマ全員にとって大切な思い出となる、
そして観客の皆様にも価値のある、
そんな公演を作っていきたいです。

お席はまだまだご用意できますので、
ご予約がまだの方も、ぜひお越しください!
  1. 2006/11/03(金) 19:59:43|
  2. drama activity|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

公演1週間前 byとぅ

2006.10.30 Mon

どうも、久しぶりの登場です。
今まで何してたって?そんなこと言えませんよ〜w
別に酔ってません、なんか気分がハイテンションなだけです、
いわゆるナチュラルハイですwww

今日は劇場入り(上智小劇場で作業を開始する日)だったのですが、
そのことについては誰かが書いてくれるでしょう。
怒涛、とだけ申し上げておきます。



Sophia E.S.S. Drama Section・・・名前のとおり、
私たちは上智大学E.S.S.(英語研究会)の一セクションです。
そして上智小劇場を使用するための調整団体「演劇協議会」の一員でもあります。

この2つに所属しながら私たちがどう作品を作っていくのか・・・
葛藤のなかで考えたことがあります。


E.S.S.の一員として、私たちは英語劇を行ない、
その上で、E.S.S.の全体活動に参加しています。

しかしそれだけでいいわけがない。
英語で公演をしていればいいというわけではないのです。

なぜなら、私たちは同時に演劇協議会の一員だからです。

E.S.S.と演劇協議会、どちらを優先するのかと言われれば、
私たちの母体がE.S.S.である以上、当然そちらが優先されるべきです。
しかし優先することと、「E.S.S.だから」という甘えを持つことは違います。
甘えや妥協は演劇協議会では通用しないのです。

私たちは演劇のプロではありません。
他の劇団とは違い、演劇だけをやっているわけではないので
場数・経験も少ないです。

しかしそのなかで、いかにE,S.S.公演のクオリティを向上させていくか、
他の所属劇団と比べて遜色のないものを作ることができるか、
そしてプロフェッショナルな意識を持てるか、
常に問い続けなければいけません。

プロになるのではない、プロフェッショナルな意識を持つ必要があるのです。

この点では「英語」は全く関係ありません。
純粋な「演劇」です。しかしDramaの名を背負う以上、
英語と同様に演劇にも重きを置くべきです。


どのセクションも英語を「使って」います。
英語そのものを勉強しているセクションはありませんし、
それはE.S.S.の本旨ではありません。
ドラマも同じです。
私たちは「英語」というツールを使って、
スピーチするのでも、ディスカッションするのでも、ディベートするのでもなく、
演劇をするのです。

他のセクションに比べて「演劇」という要素が目立ってしまっているだけで、
本質は同じです。


私たちは演劇を通してE.S.S.に貢献します。

英語劇でお客様を集めることはたやすいことではありません。
それでも私たちが英語で公演を続けているのは、E.S.S.のメンバーだから。
結局そこに行き着きます。

そして演劇協議会のなかで異色な劇団として「いい意味で」輝きたい。


E.S.S,に貢献し、演劇協議会で輝くこと。
この2つを達成したとき、私たちは昇華できるのではないでしょうか。


11月4日・5日に向けて、私たちは真剣です。
妥協しません。甘えません。
この思いを、どうか公演を観ることで感じていただければ幸いです。


長くなってしまいました。
上智小劇場でお待ちしております。
  1. 2006/10/30(月) 00:44:55|
  2. 稽古場日誌(2006秋)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

今度こそ最後のランス byかめ

2006.10.29 Sun

今日は劇場入り直前の最後のランスでした!
個人的なことだけど、朝から就活で筆記試験を受けに行ってから、練習に参加するという忙しい日でした
今日来てくれた先輩はみゆきさんだけだったけど発音や細かい演技について貴重なご意見をいただきました!そのうえ、今回も手作りケーキまで差し入れしていただいたうえに、そのあとの練習にも付き合っていただきホントにありがとうございました
公演本番まで残りわずかだけど、今回指摘された部分を徹底的に直して、今回の公演のクオリティをできる限り上げられるように頑張っていこう!!
  1. 2006/10/29(日) 00:34:30|
  2. 稽古場日誌(2006秋)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

最後のランス by まい

2006.10.22 Sun

毎度おなじみ11号館の606教室でランスをしました。
今日の上智大学は模試、TOEIC、箱庭ナントカ、といった多くの会場になっており、
外部の人も含め人で賑わっていました。
11号館もその例外ではありませんでした。
衣装のまま教室を出ると、学生に奇異の目を向けられ・・・。orz

まぁそれはいいとして。
狭い教室に(それでも横幅は本番と同じくらい)、ちっちゃなはけ口をつくり、プロップを撒き、ランスを開始!床に置いてあるビンに度々ぶつかりながらもがんばりました。

本日来て頂いたのは、ともさん(皆勤賞!)、じゅんにいさん、みゆみゆさん。
前回のランスから1週間、詰めに詰めた練習の結果、私達はだいぶ成長していたようです。厳しいことを言われませんでした。
演出の細かい点、音響の技術的な点、あとは演技の見せ方、要所要所の演技ぐらい。
詰めになればなるほど、基礎練の大切さを実感させられます。例えば切れのある動きはストップ&モーション、台詞での感情表現や言い回しは発声練習、などです。基礎で曖昧なところがあると、最後に自分の癖が如実に出ちゃうんですね。怖い怖い。
でも、全体的にはぐんぐん上達しているのが分かるし、OBのおっしゃる通り、
この1週間の伸び率 プラス その2倍の伸び率 と考えると本番はすごいことになりそうです。ご期待あれ。 あ、差し入れがなんだか豪華でした♪ごちそうさまです。

  1. 2006/10/22(日) 23:47:06|
  2. 稽古場日誌(2006秋)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1
次のページ

プロフィール

Sophia Univ. E.S.S. - Drama

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約