公演1週間前 byとぅ

2006.10.30 Mon

どうも、久しぶりの登場です。
今まで何してたって?そんなこと言えませんよ〜w
別に酔ってません、なんか気分がハイテンションなだけです、
いわゆるナチュラルハイですwww

今日は劇場入り(上智小劇場で作業を開始する日)だったのですが、
そのことについては誰かが書いてくれるでしょう。
怒涛、とだけ申し上げておきます。



Sophia E.S.S. Drama Section・・・名前のとおり、
私たちは上智大学E.S.S.(英語研究会)の一セクションです。
そして上智小劇場を使用するための調整団体「演劇協議会」の一員でもあります。

この2つに所属しながら私たちがどう作品を作っていくのか・・・
葛藤のなかで考えたことがあります。


E.S.S.の一員として、私たちは英語劇を行ない、
その上で、E.S.S.の全体活動に参加しています。

しかしそれだけでいいわけがない。
英語で公演をしていればいいというわけではないのです。

なぜなら、私たちは同時に演劇協議会の一員だからです。

E.S.S.と演劇協議会、どちらを優先するのかと言われれば、
私たちの母体がE.S.S.である以上、当然そちらが優先されるべきです。
しかし優先することと、「E.S.S.だから」という甘えを持つことは違います。
甘えや妥協は演劇協議会では通用しないのです。

私たちは演劇のプロではありません。
他の劇団とは違い、演劇だけをやっているわけではないので
場数・経験も少ないです。

しかしそのなかで、いかにE,S.S.公演のクオリティを向上させていくか、
他の所属劇団と比べて遜色のないものを作ることができるか、
そしてプロフェッショナルな意識を持てるか、
常に問い続けなければいけません。

プロになるのではない、プロフェッショナルな意識を持つ必要があるのです。

この点では「英語」は全く関係ありません。
純粋な「演劇」です。しかしDramaの名を背負う以上、
英語と同様に演劇にも重きを置くべきです。


どのセクションも英語を「使って」います。
英語そのものを勉強しているセクションはありませんし、
それはE.S.S.の本旨ではありません。
ドラマも同じです。
私たちは「英語」というツールを使って、
スピーチするのでも、ディスカッションするのでも、ディベートするのでもなく、
演劇をするのです。

他のセクションに比べて「演劇」という要素が目立ってしまっているだけで、
本質は同じです。


私たちは演劇を通してE.S.S.に貢献します。

英語劇でお客様を集めることはたやすいことではありません。
それでも私たちが英語で公演を続けているのは、E.S.S.のメンバーだから。
結局そこに行き着きます。

そして演劇協議会のなかで異色な劇団として「いい意味で」輝きたい。


E.S.S,に貢献し、演劇協議会で輝くこと。
この2つを達成したとき、私たちは昇華できるのではないでしょうか。


11月4日・5日に向けて、私たちは真剣です。
妥協しません。甘えません。
この思いを、どうか公演を観ることで感じていただければ幸いです。


長くなってしまいました。
上智小劇場でお待ちしております。
  1. 2006/10/30(月) 00:44:55|
  2. 稽古場日誌(2006秋)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1
<<今度こそ最後のランス byかめ | ホーム | あっという間に本番前日!byとぅ>>

コメント

念願の彼女GET


モテなさすぎて可哀想な俺でも結構簡単に出会えたぞ!
http://bit.ly/hilTA9
今まで散々色んな所で騙されてきたけど、ここは本物だわww
  1. 2011/03/06(日) 21:43:44 |
  2. URL |
  3. たくや #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sophia Univ. E.S.S. - Drama

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約